コトサワに聞いとけ

コトサワに聞いとけ

そうだそうだ、聞いとけ聞いとけ

【防災の備え】ローリングストックのすすめ

f:id:zinseimurige:20220114071903p:plain

 

こんにちは、ズボラで面倒くさがりだけどしっかり防災したいコトサワです

 

突然ですが、みなさんのご家庭ではどのようにして災害時の備蓄を管理していますか?

災害用備蓄に対する世間のイメージ

「非常食って種類限られてるし美味しくなさそう」

「いつ使うか分からないのに無駄に高い」

「用意するものが多すぎて準備がダルイ」

「消費期限を気にしたり管理がめんどくさい」

「家族分の収納場所を用意できない」

災害時の備蓄が大事ということは理解しつつも、とっつきにくいイメージが多い分野のため「また今度ゆっくり…そのうちね…」とついつい後回しにしてしまっている方も多いのではないでしょうか

 

\そんなみなさんに朗報です!/

ローリングストックという備蓄の管理方法を始めれば、災害用備蓄に関するあらゆる負のイメージを一挙に解決することが可能です

 

今回はそんなローリングストックの具体的な始め方やメリット・デメリットについて、我が家の実例をもとに詳しくご紹介させていただきます

ローリングストックとは

ローリングストック法は、普段の生活で食べたり使ったりしているものを、非常用の備蓄としても兼ねて保存しておくという方法です

 

長期保存可能な災害時専用の非常食ではなく、日常的に食べ慣れているインスタント食品やスナック菓子を日常用非常用として自宅にストックします

日用品(トイレットペーパー・洗剤類・使い捨て用品等)も同様の方法で備蓄管理できます

我が家は主に食品の備蓄にローリングストックを採用しているので、今回は食品にフォーカスしてお話させていただきます

食べ慣れている好きなスナック菓子やインスタント食品を日常用として購入し、そのままそれを非常用の備蓄としても保存しておき、食べたいタイミングで食べて、食べ終わったら追加で購入→保存を繰り返します

 

災害時の備蓄用に一定の量は維持する必要があるので、支出がゼロというわけではありませんが、上手に回して管理すれば無駄なく手間なく災害時用の備蓄を保存できます

注意!

ローリングストックはあくまでも自宅待機をする場合にのみ有効な方法です

避難場所に移動する際に、大量の食品を持ち出すことは不可能です

持ち出し用の非常用リュックなどにはローリングストックとは別の非常食等を用意しておきましょう

(我が家ではストックのボックスの上に空のナップザックを用意しておき、無調理でそのまま食べられる食品だけ持ち出せるようにしてあります)

我が家のローリングストック

この記事を書いている時点での我が家のローリングストックのボックスにはこんな感じの物が入っていました

 

完全に好みが偏っていますね

ジャンキーでバランスのとれた栄養食とは程遠いラインナップですが、災害時には冷蔵庫の残りキッチンにある食材活用可能なので、よしとしています

 

我が家は2人暮らしなので、大人数の家族に比べると食品の数は少ないと思います

 

写真のように1つのボックスにまとめて保存しておいてもいいですが

専用の収納場所を確保できないという場合は、日常的にインスタント食品やお菓子をストックしている場所に多めに保存しておくという方法でも大丈夫です

(我が家の場合は、お菓子とインスタント食品は買ったら問答無用で全てこのボックスに入れてしまいます)

1つのボックスにまとめておくメリット

  • 災害用の備蓄がどれだけ残っているか一目で分かる
  • その食品がキッチンにないというだけで消費が減り節約につながる(蓋付の箱ならさらに効果あり)
  • 万が一外に持ち出すことになっても、すぐに持っていける
  • とりあえずこの箱に放り込んでおけばいい

我が家の基本ルール

ローリングストックに絶対的なルールがあるわけではありませんが、我が家の中で決めている基本的なルールをご紹介します

  • ボックスの中には常に3日分(×2人)の備蓄があるようにする

災害用の備蓄は基本的に3日分以上の確保が基本です

2人暮らしであれば2人×3食×3日で18食分の蓄えが必要ということになります

  • 買い出しは月イチで行う

我が家は日用品の買い出しを月に1度で済ましています

その際に1ヶ月分のお菓子とインスタント食品の買い出しも行い、ストックの補充をしています

普段の食品買い出しではお菓子とインスタント食品を買うことがなくなるので、結果的に節約にも繋がっています

  • 普段から食べたくなる好きな物だけ買う

災害用ということに重きを置きすぎて「消費期限が長い」「栄養価が高い」という点を優先して物を選ぶと、好みのものではなくなり日常的に消費しづらくなる場合があります

消費期限や在庫数の管理等を楽にするためにも、普段から食べたくなり自然と消費できるような好みのものを買うようにしましょう

袋麺は比較的賞味期限が長いので、好きな種類が特売で売っているときに5袋入等の大袋を購入しておきます

 

消費しながら少しずつストックしておけば、写真のようにいつの間にか色んな種類の袋麺をコレクションすることができます

個人的にこれが楽しくて、お昼や夜食にどれを食べようか迷うのが楽しみになっています

 

我が家の問題

今回の記事を書くにあたって我が家のローリングストックを見直してみると、準備不足だなと感じる点がいくつか思い浮かんだのでここに書き留めておきます(即時改善予定)

いくら何でもジャンキーすぎ

“お菓子やインスタント食品”のローリングストックなのだから、ジャンキーな面々になることはしょうがないと思っていましたが、これを3日食べるのかと思うと少し考えなければならないなと思いました

冷蔵庫に野菜や生鮮食品があるとはいっても、活用できるのは冷蔵庫の冷気が生きている間だけ(電気が止まったとして、その日のうちが限界かな…?)

具体的に追加予定のアイテムはこんな感じです

・野菜ジュース

・水にとける青汁

・ビタミンレモン系のドリンク

長期保存かつ常温保存可能なドリンクをチョイスしました

普段から消費できるようなものが理想なので、私と彼氏の好みに合うものを探そうと思います

 

 

水が足りない

我が家のローリングストックの食品は食べるために水が必要なものが多いです

それに対しての水のストックが足りておらず、早急に追加で水を購入する必要があるなと感じました

人間は5日水を飲まないと死んでしまいます

たったの5日です

水道が止まったり、天災で家が孤立してしまったり、何らかの事情で救援物資が手に入らなかったり

もしもの事態で外から水が手に入らなかった場合に備えて、常に多めの水を確保しておきましょう

 

 

我が家のプラスアルファ①

我が家では日常的に摂取しているもので災害時にも役に立つものとして、サプリメントも備蓄しています

 

先ほど備蓄がジャンキーすぎるという話をさせていただきましたが、まあそれでも大丈夫かと考えていたのはこのサプリメントがあったからです

(味の飽きや胃もたれ等は置いておいて、体に必要な栄養素はサプリメントで摂れるやんけという考えでした)

 

お子さんや錠剤が苦手という方にとっては向かない備蓄かもしれませんが

他の食品に比べるととっても小さいので、小袋やピルケース等に入れ替えておけば、災害用持ち出し袋の中に入れて簡単に持ち運ぶことも可能です

 

備蓄で耐え忍ぶのはたったの数日、されどその数日の間に栄養の偏りで体調を崩せば、その先の避難生活がさらに苦しいものになってしまう可能性があります

先ほどローリングストックのルールで「普段から食べたくなる好きなものだけ買う」ということをご紹介しましたが

最低限の健康を守るため、人間に必要な栄養素をカバーできる食品の用意は必須だと思います

我が家のプラスアルファ②

我が家のローリングストックのボックスの中には、備蓄を食べる際に必要な紙皿や割り箸などの使い捨てグッズも入れています

 

もちろん普段食べる際にはキッチンの皿や箸を使いますが、災害時にスムーズに食事が摂れる様にあらかじめこの様な形にしています

 

具体的には

・割り箸

・紙コップ

・紙皿(平皿・丼)

・ウェットティッシュ

・手洗い用液体洗剤

・アルミホイル・ラップ

ジップロック・食品用保存袋

・キッチンバサミ

が入っています

 

ここはお子さんがいらっしゃる家庭や人数によって内容が変わってくると思いますが

いざという時に便利なので、ボックスに余裕があればオススメの収納方法です

 

ローリングストックのメリット・デメリット

これからローリングストックを始めようとしている方のために、私コトサワが思うローリングストックのメリットデメリットをまとめます

ローリングストックのメリット

  • 非常食ではなく、いつか食べるものを前借りして買っておくだけ
  • 消費期限や細かい管理をしなくていい
  • パンデミック直前の買いだめが必要ない
  • 災害時でも普段から慣れている味を食べることができる

ローリングストックを上手に活用すれば、高価な長期保存用非常食に頼らず、普段から慣れ親しんでいるインスタント食品やスナック菓子で災害用の備蓄を確保することができます

 

また災害用の備蓄でありながら普段の生活で常に消費するものでもあるので、消費期限や在庫管理をあまり気にしなくても大丈夫です

(備蓄がなくなるほど食べ過ぎたり、災害時に備蓄が空っぽだったなんてことにはならないように、ある程度は注意が必要です)

コトサワが一番感じているメリット

私がローリングストックの一番のメリットだと感じている点は、パンデミック直前に起こる食品の買占め騒動に振り回されることがなくなったことです

・台風の前日にスーパーのパンやカップ麺が品切れになる

・コロナの影響でトイレットペーパーが品切れになる

例を挙げるといろいろありますが、災害や社会的な騒動のせいで生活必需品が手に入らなくなってしまう場面に遭遇することは多々ありますよね

日頃から生活用品の備蓄がある程度(例えば1ヶ月分)あれば、パンデミックに踊らされず落ち着いて行動することができるようになります

ローリングストックのデメリット

  • 調理器具が必要な場合が多い
  • 日常的にインスタント食品やスナック菓子を食べない人には向かない

災害時専用の非常食に比べると、調理が必要な食べ物の備蓄が多くなると思います

これは工夫次第でどうにかなると思いますが、いろいろ準備するのが面倒だという方はデメリットに感じるかもしれません

 

ローリングストックに欠かせないもの

ローリングストックに欠かせないサブグッズとしてご紹介したいのがカセットコンロです

 

カセットコンロがあれば災害時に電気やガスが止まっても、温かい食事を食べることができます

 

\持ち運び・収納に便利なスリムタイプ/

 

都度調理に利用するとなるとガスをたくさん消費するので、カセットボンベも少し多めに備蓄しておきましょう

 

 

\災害時に役に立つカセットコンロの活用法/

【災害ライフハック】カセットコンロとフライパンでご飯を炊く方法 - コトサワに聞いとけ

フライパンを使ったご飯の炊き方をご紹介しているので、お時間のある方はぜひご覧ください

まとめ:ローリングストックは今日から始められます

最後にローリングストック法の魅力を簡単にまとめます

  • ズボラさんでも簡単に管理できる防災方法
  • 備蓄するのは非常食ではなく日常食
  • 管理はボックスにまとめるとより楽になる
  • 災害時にも慌てず行動できるようになる

今回は我が家で活用しているローリングストックをご紹介しました

究極のズボラである私でも、ゆるゆると続けることができているオススメの備蓄方法なので、ぜひみなさんもご家庭に取り入れてみてください